食事と一人暮らしが今の夢です。

a0002_011693

我が家では昔から外食というものをほとんどしません。
母が自炊に拘っていたからですが、子供の頃は特別な日の外食が殊更嬉しかったのを覚えています。

行くのはどこでも構いません。
ちょっとしたファミレスでも、家庭ではなかなか作れないようなメニューがいろいろあって目移りするほど魅力的でした。

大人になり、自分で稼ぐことが出来るようになった今反動のように外食したくて堪らないのですが、うちでは外食は家族皆でが暗黙の了解で、私から家族を誘い、奢るから行かないか?と声をかけるので一度の出費が大きいのです。

基本毎日家族そろって家で食事をしてる私には外食のタイミングというのはなかなかなく、(外で食べてくるからいらない、なんて言えない)この年でも一人で外食は謎の罪悪感すら持ってしまいます。
出来るのは小銭ですむコンビニのレジ横の唐揚げくらいのものです。

友達との外食もないわけではありませんが、お互いにタイミングが合うことがなかなかないので数えるほどでしかありません。
なので今もう少しのお金があれば、とよく考えます。

懐を気にせず肉厚のステーキが食べたい、パスタが食べたい、寿司が食べたいいいやピザの配達とか頼んでみたい、そんな食欲に頭の中を占有された日々です。
ひそかな野望はお金を貯めての一人暮らし。
好き勝手自堕落な暮らしをしてやるぞー、なんて馬鹿なことを考えて自分を慰めてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です